2015年04月10日

WCCF 白 キング・カズ・・・

4/11に販売するワールドサッカーキングに、WCCFのオマケカードが付録に付いてきます。キング・カズのカード、確か10年くらい前にもありましたが、そんときの本は即完売してた記憶があります。今回はWCCF自体がそこまでの人気がないので、完売ってことはないとは思います。


しかし、カードのユニフォーム、2年前の親善試合のヤツみたいです。

kingkazu20130609.jpg

権利関係だとは思いますけど、もうちょいナントカならんかったんですかね。せめて、東北震災チャリティのカズダンスのカードあれば、数冊は買ったのに!!

にほんブログ村 コレクションブログ トレーディングカードへ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 21:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | トレカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武藤移籍狂想曲・・・

東京恒例の移籍騒ぎかと思ってた。けど、今回はマトモにオファーがあった武藤のチェルシーからのオファー。

武藤のことはさておき、クラブにとっては7億円は大きい。7億円あれば、かなりのコトができる。デルピエロも呼べるし、シャビも半年ぐらいなら余裕で呼べるだろー、ドログバも付けてくれば言うことがない(笑)

武藤のレベルはともかく、タイプとしてはモウリーニョの好みのサイドアタッカーではあると思う。守備、スプリントの質、回数をこなせるというタイプは嫌いではあるまい。でもなー、さすがにアザールに勝てる気がしないんだよなぁ。クリス・マリン、シュルーレがチェルシーでのピッチには立てないし、クアドラードもスタメンではない。かなり厳しいんだようなー、チェルシーは。

あとフィジカルは強いのはわかってるけど、イングランドの冬の芝生を疾走するのってキツいと思う。芝が深めで、土も柔らかめで、足腰の負担も大きい。プロ生活1年しか経っていない状況で、まだ身体が出来上がっているとは思えない。まだ時は来てないよ、たぶん。

そう思ってたら、今度はインテルもオファ−があるんでしょ??かなり武藤の評価が高いのかもしれないね。となると日清食品、カゴメなどの香川をあてこんだ日本企業のスポンサーを抱えているマンチェスター・ユナイテッド、ここもオファーきても、おかしくはない。

夏前には、どっかに移籍しちゃいそうな気配だし、見れるのは今のうち。。。。せめて、1stステージ優勝させてからにしてくれー!!

にほんブログ村 コレクションブログ トレーディングカードへ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 21:35| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

アギーレJAPAN 武藤嘉紀 選出・・・

アギーレ新生日本代表メンバー決定。

GK
川島永嗣(スタンダール)
西川周作(浦和)
林彰洋(鳥栖)

DF
水本裕貴(広島)
長友佑都(インテルミラノ)
吉田麻也(サウサンプトン)
酒井宏樹(ハノーファー)
酒井高徳(シュツットガルト)
酒井達弥(鳥栖)
森重真人(東京)
松原健(新潟)

MF
長谷部誠(フランクフルト)
細貝萌(ヘルタ)
田中順也(スポルティング)
森岡亮太(神戸)
扇原貴宏(C大阪)
柴崎岳(鹿島)

FW
岡崎慎司(マインツ)
本田圭佑(ACミラン)
柿谷曜一朗(バーゼル)
大迫勇也(ケルン)
皆川佑介(広島)
武藤嘉紀(東京)





mutoiyosinori20180828.jpg



きましたねー、武藤。いまんとこ調子が良いし、選出されるんじゃないかって思ってたけど、いざ選出されるとなるとうれしい限りですわなぁ。


いっぽうガンバの至宝の宇佐美は選出外ってのは一番の驚き。絶好調だし、いま一番怖いストライカーなんだけどなぁ。やっぱり攻めるだけの選手はアギーレは好まないってコトなんだろうけど、一番得点ができる怖さをもつ選手を呼ばない手はないけどだけどね。


柴崎岳なんかは選出されて当然で、まずは使ってみたいよね。ボランチ、センターハーフ、トップ下とプレイエリアも広いし、新たなサムライブルーの心臓になってくれるに違い選手だしね。


鳥栖、広島あたりの選出されてるけど、チームが好調なんだから当然と言えば当然。でもベテラン系の佐藤寿人あたりは呼ばれないんだなぁ。。。そのわりには浦和勢が呼ばれないけど、ペトロビッチ・イズムは特殊だから呼ばないってことなんだろうかね、少しナゾです。


扇原もレフティーでプレイエリアも広いから楽しみだし期待もしている選手。けど、今回の選出は???な感じはする。最近になって試合に出てきたけど、まだまだでしょ。米本の方が好調なんだけどなー、高萩だっていいんじゃないのかなって思う。


ただ全体的に見て、ムチャクチャってわけじゃないし、まずは見てみたいってのが本音。どんなサッカーするのかは楽しみってとこです。















一番の楽しみはというと。

今回は清武が選出されていないんですよね。

ってコトは、ッてコトはですよ、きますよ、コレ。














ジーニアス柿谷、8番 !!













背番号「#10」も気になるっちゃ言えば気になりますが・・・

どうせ スポンサー様の都合 欠番なんじぇねーの。。。



にほんブログ村 コレクションブログ トレーディングカードへ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 16:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

中島翔哉、東京に復帰・・・

中島翔哉がトーキョーに復帰しました。今年一年はカターレ富山にいるんだろうなーって思ったんだけど、平山、東の離脱によって復帰が早まったんかなって。

富山では結果は出ていなかった。ただ、トーキョーに戻ってきても、河野、武藤がいるし、そうそう出場機会はないんだよなぁ。

富山では昨年よりは試合出場機会で恵まれていた。チラホラとドリブルはやってたし、ヴェルヂィ戦で敗退して悔し泣きとかの負けん気とか、往年の乾ぽっくて好感持てる選手ではあるんだけどね。

ドコまでできるのかは・・・楽しみにしてます、#39ってトコが気になりますが(笑)

posted by 人斬り藤次郎 at 21:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、マンUラスト試合か?・・・

kagawashinji20140827.jpg

香川、運つたなく、スタメン出場したものの脳震盪で出場時間20分位で交代。リーグカップ戦も敗退したし、リーグとFAカップしか試合がない。オマケにディ・マリア加入で、もはや出場できるのは厳しい。

しかもファンハールだからな、ファンハールの哲学ではダメと見切った選手は徹底的に使わない。スポンサー様の都合で起用をしてあげる温情でしか、いまのマンUのポジションがない状況。コレを挽回するってのはリバウド、フィーゴ、リケルメでも厳しかったんだから、難しいと思うんだけどなぁ。

マンUに日本人選手がいるのは嬉しいけど、所属していることがいいんでなく出場することがベスト。プレミアのヨソのチームでも、リーガでも、ドルトムントでもいいから出て行った方が香川真司にとってはいいと思うんだけどなぁ。。。。

posted by 人斬り藤次郎 at 20:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軍師官兵衛 第34回「九州出陣」・・・

いろいろあるけど、なんだかんだ今回の大河ドラマは楽しめてます。来年の キッズウォーズ 大河ドラマを見せられるよりは遥かにイイ。


さて、今回の見どころはと言うと、吉見一豊@吉川元春ですかね。今回の大河ドラマ、はしょってる部分も多いけど、描いてくれる人物もある。近年は主役マンセー、脇役はなおざりにしがちだけど、脇役も描いてくれるのはありがたい。キッチリと吉川元春の意地、毛利の両川を描いてくれるのも良かった。

もちろん島津4兄弟あたりもやってくれるのは嬉しい。島津4兄弟は絶対に大河ドラマ化して欲しいんだけど、なかなかやってくれないんだよな。なもんで出てくれるのは嬉しいが、薩摩言葉でやって欲しかったのと、たぶん歳久、家久のつもりの2人もテロップで出してくれれば、もっと良かったんだけどね。


もっとも残念やったのは

kannbee34.jpg

宮下秀樹@大友家臣


わかってねーな、NHK!!

仙石秀久を演らせとけよ、セリフなんかいらねーんだから!!!

そういうので楽しみたいんだから、そのへんのアソビ心持ってほしいんだが。。。。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 20:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

第23回多摩川クラシコ、虐殺・・・

完膚なきまでフロンターレに虐殺された多摩川クラシコ。ミスをして、そこから点が入れられるという状況のゲームでした。

なんだろー、やっぱり、4−4−2の1ボランチは厳しいんでないか??高橋秀人の能力以前に個人でできるカバーの問題ではないと思う。4−1−4−1のときの1ボランチと違って、運動量は必要だしボール奪取力も必要。奪取してからの展開できるゲームメイクまで必要だし、やることが多い。そんなんできる選手って中々いないし、限界はあるよ。

あとはFC東京とイタリアの相性の問題。スペイン風のラテン系気質のFC東京が戦略戦術をシッカリとする現実的なイタリアと、まだまだマッチしていない状況もある。時間が解決するとは思うけど、解決するころにはリーグ戦が・・・ってコトにはならないと。

噛み合っていないチーム状況は勝ちきれなかった2010年の降格んときよりも好くはない。いまが底だと新定員だよね、フィッカデンティ。。。。

にほんブログ村 コレクションブログ トレーディングカードへ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 03:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

軍師官兵衛 第4回「新しき門出」・・・

今回は秀吉以外の注目の方が登場でした、足利最後の将軍、足利義昭です。

歴代の足利義昭といえば、













ashikagayoshiaki01.jpg


ashikagayoshiaki04.jpg


玉置浩二@足利義昭はサイコーでした。「父上、もうしません!!」って信長に泣いて命乞いするところなんかは最高の演技でした。

んで今回演じるのが





kanbee04b.jpg

吹越満@足利義昭

そう宗尊親王を演っていた、あの吹越満が大河ドラマにリターンです。

なんせ、これ!!

munetakashinou01.jpg

マロ様です、「時宗を倒せえええ、北条を倒すのやああああああああああ!!」で、怪演な将軍様をやってました。





なんせ、これ!!

















munetakashinou02.jpg

期待せざるを得ないわけです。もう期待しないわけがないです(笑)







んでもって今回は一発目からこれ!!!














kanbee04a.jpg

一発目からすっ転んで、「どこぞに気骨あるものはおらんのかあああああ!」だったり、信長の大判ぶるまいにキョトーーーンとする将軍様、サイコー!!!です。

第4回まで見ましたが官兵衛。。。。。印象ないですなぁ、こりゃー。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 15:44| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

軍師官兵衛 第3回「命の使い道」・・・

残念ながら関西とは違って関東では少し視聴率が伸び悩む今年の大河ドラマ、軍師官兵衛。まぁいろいろと理由はあるみたいだが、岡田准一と黒田官兵衛のキャストがミスマッチではないか??という意見が多いみたい。

たしかに黒田官兵衛はイメージ的には策略家の抜け目のない感じだし、個性的な役者の方がハマりそうな感じだもんなぁ。

kannbee03a.jpg

koumyougatsuji48.jpg

功名が辻の斎藤洋介@黒田官兵衛なんかは家康とかのやり取りは秀逸でした。

岡田准一は爽やかすぎるってことで、それのテコ入れの第3話。

kanbee03b.jpg

幼馴染で初恋の相手が無残に散ってしまったわけで戦国時代の無常さがでてきたわけです。これで



starwars1.jpg

アナキン・スカイウォーカーのようにダークサイドに。。。。ならねーよな、きっと(笑)



にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 11:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月29日

軍師官兵衛 第2回「忘れえぬ初恋」・・・

いよいよ主人公が登場の回、敵の伏兵に気づく岡田准一@黒田官兵衛。そして想いは遂げないままヨソへ嫁ぐ幼馴染がメインですが、印象に残ったのはコッチ。








kanbee02.jpg

小早川隆景の冑をかぶっている升毅@石川源吾。シレっとして赤松家に寝返り、戦上手。かなりの戦国武将です。軍師の小僧に見破られなきゃ、赤松家の裏切りも伏兵も見事な策略ぶり、ワルです。そして、キッチリと浦上家まで攻めるとは、この武将は序盤のキーパーソンなんですかね??

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 15:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする