2009年07月25日

天地人 第25回「天下人の誘惑」

あの手、この手で口説きまくる秀吉。
それをかわしていく兼続クン。

え。。。。
中途半端なダラダラの展開に終始。
しかも、これ2部構成、次回に続く??

かなりゲンナリです。
まぁ、初音がウロチョロしているのが一番の原因。
初音の存在意義って、あんましないわけで。。。。

posted by 人斬り藤次郎 at 14:44| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

天地人 第24回「戸惑いの上洛」

愛の前立て、雅やわー、キャー!
そんな京の街の声。
んで、武将たちには、愛染明王とは恐れ入ったぁ。
こちらも絶賛がスゴイ、スゴイ。
そんなストーリー展開。

まぁ愛染明王を絡めた辺りは多少は評価できる。
けど、兼続は、違うんだけど。。LOVEなんだけど。。
このあたりが、かなりゲンナリです。

ただ、この展開でも面白いとこはあった。
大河ドラマファン的には、宇津井健@前田利家のセリフ。
コレは、なかなかニヤニヤしちゃう。


tentijin24maeda.JPG

「愛の字を戴く兜など見たこともなかったわ。」

え。。。
あなた、見たことないんですか??


naoekagetunatakeda01.JPG


武田信玄の直江景綱んときにかぶってたやん。(笑)
こゆのは、けっこうスキです♪


はてさて、今回の見どころ。
え、、、、福島正則なんですかね??
酒に酔って絡んで、木村由乃の投げられちゃいました。
派手なワイヤーアクション、すごいですね。。どうでもいいですね。

どうも大河ドラマの福島正則はビミョー。
蟹江敬三ぐらいしか、武断派の感じは皆無なんだけどね。

直江兼続の反対勢力だから、貶めるのはいたしかたない。
とはいっても、ヘタレすぎないかね??
posted by 人斬り藤次郎 at 17:06| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(7) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

天地人 第23回「愛の兜」

今回は加藤清史郎@与六スペシャル。
トコトン与六尽くしです。(笑)

tentijin23a.JPG

「わしは、こんなとこ来とうはなかったぁ!!」

バシっと、今回も放送。
やっぱし、いいです、この名セリフ。

大河の子役で、流行語と言えば、元祖は藤間遼太@梵天丸。

bontenmaru.JPG

「梵天丸もかくありたい!!」

今回も、結構良いセンいくのではないかって、秘かに期待。
喜平次との絡みも、ほほえましい限り。
序盤の展開は悪くはなかったんだけどなぁ。。。。。って思うばかり。




さて。。。。本編の内容はというと。。。。
また、グダグダがはじまっちゃった。

昔の夢を見て、上洛の決心にぶる上杉景勝。
おいおい、そんなん夢見ちゃったコトで、決意がグラつくんかい!!
そんなツッコミがでちゃうわけです。

まぁ、そこまではいい。
いちばんのツッコミどころは、今回のタイトル。
そう「愛の兜」のエピソード。


tentijin22b.JPG


愛の兜の前立ての文言を推敲、推敲、推敲。
で、決まった理由が常盤貴子@お船の一言。


utahimenagasetomoya.JPG



「グっと、きたぁぜよぉ!」で決定。


おい、そんなん簡単に決まるかぁい!!!

まぁ、愛の文字の由来、友情愛、愛情、愛民、LOVE満載です。
コレしかないでしょ、ってな具合になるのはわかってた。
けど、愛宕神社、愛染明王あたりをドラマでもかませてくれよ。
そんなLOVEな軽い感じじゃないハズなのに。。。。

次回、LOVEの兜で周りがキャーキャー騒ぐの巻。。。。
マジ、MUSASHI以来のココロが折れそうです。
posted by 人斬り藤次郎 at 00:01| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(20) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

天地人 第22回「真田幸村参上」

戦国武将人気ナンバー1、真田幸村。
人気ナンバー1というにしては、真田幸村のドラマのイメージは低い。

見たことがあるのは、若林豪、高橋悦史、松方弘樹、西郷輝彦、中村雅俊。
優しい、強いというと、西郷輝彦あたりかなっては思う。
けど、どちらかと言えば、片倉小十郎のイメージが強い西郷輝彦。
人気武将の割には、印象が薄い感じ。


tentijin22a.JPG


そういう意味では、城田優@真田幸村は楽しみしてました。
無論、ハーフ顔で真田幸村は良いのかぁ?
そういう疑問符もあるにはあったけど。。。。


さて、その真田幸村。
いきなり初音@長澤まさみのシスコンぶり発揮。
姉ちゃんが大好き、でも姉ちゃんが惚れた男、ムカツク!
そんな展開ぶりがビミョーに不安だったぁ。
けど、それを覆すぐらい、良かった。

特に良かったのは東幹久@泉沢久秀とのヤリ勝負。


tentijin22b.JPG


幸村の十文字槍を使うのは、殺る気満々!!
っていうか、ハンデがあるだろー、泉沢久秀には。
そう思ってたけど、1本目はキッチリとってる。
2本目も負けてはいなかっただけに、槍の使い手想定の面目躍如デス。

何でヤリ勝負がよく見えたんだろうなぁ??
って思ったとき、まずヤリ勝負は、あんまり無かった。
だけに新鮮だったってこと。

カメラワークが刈安兵庫との一騎打ちのような感じ。
だったんだけど、それなりに見ごたえがあった。
セットで、暗い照明でやってたのと、外で撮影していたとの違い。

それに、ヤリさばきが、それなりにチャンバラしてたからだろうなぁ。
やればできるじゃん、天地人って感じです。


話の展開としては、直江兼続と接していくうちに、幸村の反骨精神に、プラス義の心。
それが後の大阪の夏の陣の真田幸村へと成長していく。
おぉ〜なるほど、そうなっていくんだなって思わせられる展開。
ムリなく感じさせられる演出だっただけに良かったぁ♪

posted by 人斬り藤次郎 at 15:38| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(6) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天地人 第21回「三成の涙」


tentijin21.JPG

何だか珍しく2回連続面白いぞ、天地人。(笑)
やり方を昼メロからコメディ風にしたからなのか??

景勝、菊の懐妊騒ぎでドタバタ劇。
三成が上田衆をグサグサ鋭くえぐる毒舌ぶり。
急に演出が変わってきて面白くなってきました。
そう思ったら、前回と同じ演出家になってたんですね。
グダグダ感があっただけに、こういう変貌ぶりはOKです♪

しかし、やっぱり、あの三成ヘアスタイル。
あの天地人の世界観でも異質っていう演出は良かった。
まあ、どうみても、編込みスタイルはウザイんですけどね。
でも、甘粕景継@パパイヤ鈴木がマネるシーンは見たかった、いやマヂ(笑)

あと、初音@長澤まさみ、モテモテですね。
三成も大好きなんですね、よくワケわからん。
どう扱っていくん、このまま。。。。


posted by 人斬り藤次郎 at 14:29| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

天地人 第20回「秀吉の罠」

ここ数回は、ひどかった。
ひどかっただけに、今回は良い。

良かったのは、このお方です。


tentijin20.jpg

笹野高史@豊臣秀吉

人たらしたる人物の演出。
これが良い感じなんだろうなって思う。


勝新太郎@秀吉には、怖さ、凄味があった。
藤岡琢也@秀吉には、オヤジぽっい感じ。
仲村トオル@秀吉には、図々しさがあった。
竹中直人@秀吉には、愛嬌があり、人を楽しくさせる明るい感じ。
香川照之@秀吉には、バイタリティさがあった。
柄本明@秀吉には、エロさと下品さがあった。

どれも、特徴ある秀吉だけど、人たらし、徹底的に気遣いあふれるトコはない。
今回の笹野高史@豊臣秀吉には、それがあるから特徴的で楽しい。
上田衆なんか、アッサリ負けている。
単純明快です(笑)

でも、これ、よくよく考えればスゴイわなぁ、あの秀吉。
1流企業の社長が、子会社の課長クラスの名前とかを覚えている、覚えたフリができる。
恐れ入ります、はい。

え、、、、初音とお船の仁義なき戦いの勃発?
ソンナンノハ、ドウデモイイデス、ホント。(苦笑)


posted by 人斬り藤次郎 at 00:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

天地人 第19回「本能寺の変」

いろんな本能寺の変を見てきた。

舘ひろし@織田信長の本能寺も凄かった。
何せ、ヒットマンです。
新たな信長を見せてきました。


koumyougatuji23.jpg

犬!!言いたいことも言えないこんな世の中じゃ!

ポイズンな反町隆史@織田信長
どう見ても、目がイってる明智光秀がヤバかった。。。

tosimatuhonnouji.JPG


重厚さ漂う渡哲也@織田信長


hideyoshihonnnouji.JPG


けど、これは何だぁ?
本気で、本能寺の変をやる気があるのか?
無様、無様すぎる。(涙)

まさか、敦盛もやらない。
死の直後、上杉謙信とニュータイプな会話。
おいおい、なんだか凄い感じやね。

ココまで非道いとはね。
どうせなら、明智光秀の死にざまも初音@長澤まさみでやらしちゃえ!!

そんな本能寺の変です。



posted by 人斬り藤次郎 at 17:50| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

天地人 第18回「義の戦士たち」

非常の決断を迫れられた兼続。
珍しく、甘ちゃんではなかった感じがした。
友人を見捨てて、いっきに大返しで織田勢を叩く。
こういう非常の決断を下すコト事態は、なかなか良い。

だけども、なんで潜入するんかね、直江兼続??
っていうか、そんな特殊部隊あがりだっけ?
スネークもビックリ、まぢ。

さて、ここで思い浮かんだのは、このお方。

tentijin18.JPG

唐沢寿明@前田利家

たしか、利家とまつでは、魚津城攻めと本能寺の変が同時。
ポイズン信長がいっちゃうときに、利家が魚津城一番乗り!!ってやってたのを思い出しました。

って、肝心の天地人じゃないってのは、どうなんだろうけど。。。





posted by 人斬り藤次郎 at 00:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

天地人 第17回「直江兼続誕生」

tentijin17.JPG

前回の泣き虫先生の直江信綱がバッサリ。
かわいそうなまま死去されちゃいました。

唐突に、今までは嫉妬メラメラで反・兼続派。
急に何故か親・兼続派。
それで、元で斬られちゃうわけだけど、何ともいやはや。。。
もう、よくわけわからん感じです。

で。。。わずか10分で、お船の後釜に決定。
え??
そんなん早く??
信綱逝去、悲しみもなく、アッサリですか??

直江信綱さん、かわいそすぎ。。。。。。
posted by 人斬り藤次郎 at 23:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

天地人 第16回「信玄の娘」

血迷ったか、直江信綱??
そうとしか思えない変貌ぶり。

でしゃばりで、旦那ほったらかしの頭の軽い嫁。
婿養子はツライよ〜嫉妬メラメラ。
兼続の能力よりも、存在がうっとおしい。
そんな感じに思っていたハズの直江信綱。

それが、いきなり、兼続の後見する??
どうしたの、いきなりさ??

ナイス!!武田の同盟、外交手腕を褒めるのはいい。
織田との対抗策まで考慮してないけど、勝手に深読みしてるけど。(笑)

でも、そんなもんじゃないだろ、信綱。
武士の一分というより、男子たる一分はどうなんさ??
チョイとした外交手腕でOKなの??
それで、わだかまりが解けるものなの??
そんだけで手のひらを返せるのか??

唐突の直江信綱の変心、驚くというか、目が点。
なんなんででしょ、この想像力wいっぱい使わなきゃいけないドラマは。。。

まぁ、全て脚本が悪いのです。
死ぬ直前だから、変心させちゃうん??
せめて、それに足りるエピソードにしろやぁ!!
あきれる、ホント!!(怒)


さて、髪型がウザイ感じの今回の大河ドラマ。
前髪が現代風な兼続、ビジュアル系な三成。
それを超越した前衛的な感じが登場!!


tentijinieyasu16.JPG


松方弘樹@徳川家康


え。。。。
頭にコブ?
髷に扇子を挟む?
不可思議なヘアスタイルです、今回の徳川家康。







yumedegozarumatukata.JPG




夢じゃ!

夢じゃ!

夢じゃ!

夢じゃ!

夢じゃ!

夢で!

夢で!

夢でござる!
posted by 人斬り藤次郎 at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(27) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

天地人 第15回「御館落城」

前半のハイライトの御館の乱。
今回で終局、んで、感想は一言。


酷い、酷過ぎる。


これに尽きます。
何が酷いかって??


え。。。と。。、まず安っぽい。
何が安っぽいかいうと、鮫ヶ尾城のセット。
景虎の最期なんだから、もうちょい何とかして欲しかった。
セットの予算が組めないんだろうなって、心底思っちゃうほど。


安っぽいのセットばかりではない。
脚本も安っぽ過ぎる。
道満丸を殺すのは我々じゃないコトを言いに来る景勝軍団。
ありえないでしょ??
言い訳をわざわざする参上なんて。(笑)

主役側が汚いやり口をしたというのは見せたくない。
そんな脚本のやりかたが安っぽい。

せめて、直江信綱あたりとかに実行犯にしちゃえば!!
どうせ、あんな寝とられ男の扱い。
悪にしておいて、バッサリと退場。
そんなとんでもないのでも、どうってことないでしょ、今更。
実際の殺害犯人が、今後の信綱の展開に関わってくるかもだけどね。


安っぽ過ぎる脚本だから、マンガの急きょ打ち切りな感じ
北条高広のいきなり死亡。
え。。。なんで??いきなり??
いちおう、景虎軍団の重鎮なのに、アッサリです。
誰が殺したのかも、よくわかんない。

遠山の離脱。
小物なんだろうな〜って思う描写はいい。
けど、意味ありげな笑みの退場。
今後の絡みがあるの??

そういう不明瞭なコトばかりが多い。
いろいろ想像してください、伏線デス♪
そんな凄い脚本と演出なワケはないもんなぁ。。。。

posted by 人斬り藤次郎 at 01:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(22) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

天地人 第14回「黄金の盟約」

ヤバイの??
もう、ダメダメじゃん、人として。
そういう演出されちゃったのが2名いました。


高島礼子@仙桃院

このウソは誠にするだの、何だの言ってた仙桃院。
それが娘がきょどってただけで、秘密暴露。

「全ては、この母のせい。恨むならこの母を恨むがよい」

責任は、自分にある。
そうは言っている。
でも、言い回し、物言い、いちおう、わたくしに責任はある。
そうは言っているけど、そう聞こえない。
どう聞いてみても、「兼続がこのお家騒動の黒幕、諸悪の根源」だと思わせるような物言い。

それはないですよ。。。。ええ。。


高嶋政伸@樋口惣右衛門

この戦の発端、本丸を獲ったこと。
兼続が考えて実行して、こんなお家騒動になちゃった。
それで責任を感じてるだよ、息子。
だから、そういう兼続を理解してくれと景勝軍団に訴える。
って。。それって、アンタがそそのかし、考えたのはお前じゃん。

それはないですよ。。。。ええ。。


軽い演出も気に食わない。
けど、なんか記憶障害なのか??
狙ってるの、ツッコミを??
大丈夫、脚本家&演出家さん??


そんな中で、光っていたのは、このお方。

ttentijinkagekatsu14.JPG

北村一輝@上杉景勝

毘沙門堂から出て、決断を下した感じ。
あんときは悩みから晴れて、ぶきっちょな武将から殿様ぽっく見えた。
ああいう表現は、めちゃ良かったと思ったんだけどなぁ、ホント。

北村一輝の演技の表現力の賜物ですがね!!





posted by 人斬り藤次郎 at 01:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(28) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

天地人 第13回「潜入!武田の陣」

珍しくとんでもないシーンは少なめ。
残念ながらですね、辛口なコメントできないのは。(笑)


せいぜい。長澤まさみ@初音が真田の娘発覚。
んでもって、上杉のドッチが勝つかの分析シーン。
ホント、もうどうでも良かったのはこの部分だけ。
どう扱ってくんだろ、初音って。。。。。


どう扱っていくといえば、泣き虫先生@直江信綱。
ますます悲惨な扱いです。
兼続びいきの奥様、ホント、旦那の立場がない。


nakimushisensei.JPG


信綱、お前はゼロか、ゼロな人間なのか!
いつ何をやるのもいい加減にして、一生ゼロのまんま終わるのか。
それでいいのか、信綱、お前、それでも男か!
悔しくないのか!


クソォ・・・クソォ(泣)悔しい〜


悔しいのは誰でもそう思う。
でも思うだけじゃダメだ。
お前、それでどうしたいんだ、どうしたいんだ!


兼続に勝ちたいです!


よーし、よく言った。俺が必ず勝たせてやる!
そのために俺はこれからお前を殴る!
いいか、殴られた痛みなど三日で消える。
だがな、今日の悔しさだけは絶対に忘れるなよ!



信綱、頑張れよ!
よし、歯を食いしばれ

nakimushisensei2.JPG



信綱さん、何とか良いとこがあると良い。
このまま、兼続、お船の踏み台扱いなんですかね。。。
ただの不倫ドラマになっちゃいます、このままだと。。。。。


気を取りなして、良かったところ。
コレはもう大出俊@高坂弾正昌信に尽きます。
武田武士の御館様への奉公ぶりを魅せてくれました。

武田家の行く末を前回からも危ぶんでいる。
織田にやられて武田家の威光を取り戻す。
そのために、できる限り、やれることを最後の奉公としてやる。
兼続あたりが外交にきたのはどうでも良かったもん、マヂ。

大出俊さんの死相出まくりの奉公も良かった。
良かったことは良かった。
でも、村上弘明さんにやって欲しかった。
高坂昌信の印象は、村上弘明なイメージなもんで。。。

posted by 人斬り藤次郎 at 23:00| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(21) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

天地人 第12回「命がけの使者」

12回にして、やっと主役の見せ場。
きました、きました、妻夫木聡@直江兼続です。

斎京三郎右衛門を命がけで説得。
お金じゃない、ココロです。
誠意、義を尽くして、景勝軍に引き入れ成功。
さすが、兼続さんデス。。。。。。
あたりさわりがない無難の脚本の活躍。


でも、見せ場のコレよりも印象強いのが他の場面。
そのあたりは、どうなんですかぁ?(苦笑)


でー、他の場面でインパクトがあったベスト3。
それは以下の通り。


3位 「なんじゃとぉ!!!」

兵糧がなくなって、ヤバめの景勝軍団。
北条と武田が迫ってくる気配が濃厚。
そのときの家臣団のひとこと。

え。。。。
昨年の大奥のオマージュですかぁ?
篤姫の「なんじゃとぉ!!!」が良かった。(笑)


2位 「儂では不足か!!!」

常盤貴子@お船が兼続を褒めまくり。
それにブチきれた山下真司@直江信綱にひとことデス。

命をかけて、城門で自ら切り込んで守った。
けど、兵糧ゲットの兼続さんに見せ場持ってかれてます。
はい、もう不憫過ぎるよ、直江信綱さん。

藤原紀香が陣内にいった感じで信綱は言って欲しかった。
「もう無理!!」って言って欲しい、マジ。


1位 「大事なものが壊される辛さを味わうがいい…!」

kagetorataiga12.jpg

もうダークサイドの玉山鉄二@景虎。
壊れてキレている感じです、Oh、GOOD♪(笑)

キレて、やばい感じが良かった。
才覚は上という感じで攻める戦略、戦術は光っている。
兵糧攻め、郷士の引き込み作戦、北条との連係プレー。
北条も、いづれは取り込む気負いは良し。
景勝を殺る気満々です。

次は、故郷の上田をぶっ壊す、殺す、殺す、マヂ怖いです。
エリート君面しているよりも、遥かに魅力的ですな♪
posted by 人斬り藤次郎 at 23:43| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(35) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

天地人 第11回「御館の乱」

今回のメインの玉山鉄二@上杉景虎。


tamayamakagetora01.jpg


信じてたのに裏切られた、裏切られた、一点張り。
今まで、キチンとたててきたのに、裏切られた。
だから、もうブチギレですよ、俺!!!ってな具合。

え。。。。立ててましたっけ??
特に、

景勝どのには従わぬ。
今まで耐えに耐え、忍びに忍んで来たのじゃ。
本丸は必ず取り戻す。
景勝どのを討ち取ってでも。


耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び〜な描写は皆無!
せいぜい、景勝が後継者になっちゃってからだけの期間。
そんだけで、何か立ててたのが、もうウンザリ。
どんだけ、こらえ性がないんですかぁ??(笑)

こんな描写にされた上杉景虎。
役を演じた玉山鉄二がカワイそうです、はい。


高島礼子@仙桃院、相武紗季@華姫も、際立ちました。
何せ、昔は景勝、景虎は仲良かった間柄。
そんな感じで思っちゃっているあたりが、もうカワイソウ。(笑)
え。。。と、、どっちも気を使う、ビミョーな間柄。
そうにしか見えない関係だったんだけどなぁ。。
それとも、そんな描写でしたっけ?


かわいそうな人といえば、こちらもかわいそう。
山下真司@直江信綱ですね。
自分の奥さんが、旦那そっちのけで、イトコとイチャイチャ。
しかも戦時中です、大事な時です。
これはたまわんですね、もうホントにかわいそうです。(笑)


コレに比べて、1人勝ちだったのが、北村一輝@上杉景勝
セリフも、無口な役柄なんで少ない、シーンも少ない。
でも、キッチリと思慮深い大将らしさを演出。
「この戦、まことに我らに義があるのか?」だったり、「身を引こう」だったり。
次回の予告も、家臣の為に〜な感じ。
景虎を踏み台というか、叩き台にし、株を上げる演出。
そんなチンケな感じでしか読み取れないんだよなぁ。。。(苦笑)


ホント、今回の大河ドラマ。
御館の乱が、いちばん楽しみにしたんだけどなぁ。
景虎と景勝の描写、軽くて台無しにされちゃった感じ!(怒)



posted by 人斬り藤次郎 at 01:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(34) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

天地人 第10回「二人の養子」

角田信朗@柿崎晴家が冒頭に大暴れ。
切られて、突かれて、切られて。。。
まだ死なないんかぁ!!ってな具合。
いささか、やり過ぎです。(苦笑)


変貌というか、メッキが禿げてきた。
そう貴公子の上杉景虎さんです。
直江兼続あたりに、糾弾されてキレるのは理解可能。
だけども、だけど、当主になった上杉景勝に下手に出なきゃいけない。
このあたりで屈辱、苛つくあたりが、いささか景虎の小物感出てきました。


相武紗季@華姫のKYっぷりも凄かった。
後継者なれなくて残念、気落ちしている亭主にアレはない。
ドラマ上では語られていないけど、遠山は上杉景虎の義理の叔父。
そんなん人を信じちゃダメだの、北条はダメだの言いたい放題。
そりゃー、旦那もキレまくるわ。(笑)


そして、上田衆のワルぶりも凄かった。
これ以上は血を見たくないだの、なんだの言ってました。
けど、実態は景虎勢をガケから突き落とす、突き落とす、突き落とす。
ヒドイ時は、大勢で寄って集って1人を突き落とす。
まさに上田衆、鬼畜、外道!!義もへったくれもない。(笑)


とりあえず、突っ込みどころが多かった感があり。
そんな中で、ホントに良い意味で変貌な方。
そう、「姉さん、大変です」の方です。


tentijinhigutisouemon1.JPG


高嶋政伸@惣右衛門です。
突如として、何か出てきました。
大車輪の活躍です、戦場で。

いつの間にかに、遠山の密書をGet!!
それから本丸、金蔵を占拠すべしと進言。
そして、今回の企ては自分の責任にありと景勝に宣言。

いままでは、ただの文官、やさしいお父さん。
そんな感じだったのに、突如としてキレもの。
この変貌ぶりは、いささか唐突で驚きデス。
こういう変貌は、悪くはない♪

posted by 人斬り藤次郎 at 01:15| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(40) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

天地人 第9回「謙信死す」

今回こそが上杉謙信の最期。
とはいっても、脳卒中で何もしゃべれない状態。
後継者を定められないまま、そのまま死去。

景勝か?景虎か?
後継者争いが勃発。
萬田久子@妙椿尼が遺言捏造。
「家督は景勝!!」で決定。
それにキレる景虎チームがキレて、御館の乱の勃発が今回のストーリー。




はてさて、いちばんの見どころは、このお方。

tooyamayasumitutentijin.JPG<

螢雪次郎@遠山康光です。

この遠山康光の描き方は悪い感じデス。
だけど、けっこう側近としてはキッチリとシゴトしてる。

謙信亡き後は、テキパキ決めちゃったぁ〜景勝チームに先制パンチ。
景虎チームの北条高広と柿崎景家を抱え込む付け届け。
そして、景勝に夜討ちを裏で画策もしてるんだろうなってな具合。

遠山康光、まさに軍師じゃないですか、コレ。
山本勘助もビックリな仕事ぶりです。
でも、陰謀、汚い、エグい、ダークサイドな描き方なんだよな、これ。(笑)

posted by 人斬り藤次郎 at 22:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天地人 第8回「謙信の遺言」

謙信の最期?
もう一回、引っ張るんですね。
おいおい、ってな感じです。

さて、その遺言とは、

「迷え!迷うことで自分の義を見つけられる。」

だそうです。

あれれ、これが遺言ですか?
明確な指針がないんですか?
自分で考えろ!!ってことですか?

指示待ち人間が多い、現代の世の中。
ゆとり世代的には、良い教訓です。(笑)



でも、今回の見どころ。
やっぱり。。。。。。


tentijinnagasawamasami2.jpg


妻夫木聡@直江兼続vs長澤まさみ@初音のやりとり。(笑)
この舞台演出な感じが続きますね、ホント今回の大河ドラマ。


演出さんの 予算上の安上がりな 巧さが際立ちます。


こういう舞台的な演出だと、役者の演技力が問われる。
ほんと、ココが重要なんなんだけどなぁ。

こういうシーンになっちゃうと、見入るぐらいな対話シーン。
そういうのを期待しちゃうんわけだけど、それがない。

ただでさえ、長澤まさみ@初音の役柄は痛い存在。
ますます、ドラマの軽さ、薄っぺらさが目立っちゃいやがる。

小りんのように、早急な退場が求められます。
もしくは、「龍馬伝」、「坂の上の雲」の予算を少しぐらいまわしてください、切に!!


posted by 人斬り藤次郎 at 19:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天地人 第7回「母の願い」

兼続の母、病に倒れるの回。
とはいえ、ドラマ初回から死亡フラッグ立ちまくり。
なんで、いつ退場していくのか、どうかの感じ。

んでもって、良かったところ。。。。。
なんだろうなぁ〜、あんまり印象が薄い、薄すぎる。
あんまりドラマに絡んでるってワケでもなし。
子役の兼続に、「越後の子になるのです。」くらいだもん。

なもんで、退場しても泣くってわけでもない。
泣き所でもない。


「紅葉のような家臣になりなさい。」

ん〜、よくワケわからん。
とりあえず、主君のために、全身全霊尽くせ!!
そんな感じなんだろうけど、表現が薄っぺらなんで。。。。









田中美佐子の演技は悪いとか、そういうわけじゃないんだけど。。。
内容が薄すぎて、演技だの、どうのこうのではない!!


posted by 人斬り藤次郎 at 18:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月27日

天地人 第6回「いざ、初陣」

初陣がテーマの回。
初陣がテーマって久しぶり?
そう思って調べてみたら、毛利元就以来。
でも、戦の初体験の緊迫感はなかった。

そういう緊迫感の演出は武田信玄以来?
そう思えば、ずいぶん久しぶりデス。

さて、今回の見どころ。
自分や主君やバカにされて刃傷沙汰になりかけのシーン。
映画監督の三池崇史が出てきたのも驚き。
だけど、暗転での切り替えのシーン。

ん〜。。。舞台ぽっくしてるんかね??
大河ドラマの演出としては斬新ではあったけど、安ぽっく感じるんだよな。。。。









posted by 人斬り藤次郎 at 21:34| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする