2016年08月21日

真田丸 第33回 「動乱」・・・

宴会外交2話連続です、外交の会話の妙は三谷さん、やっぱ、面白いわ。

sanadamaru33a.jpg


政宗 「・・・でござる、伊達越前守政宗」
忠興 「・・・でござる、細川越中守忠興」


どっちも、くどいんだよなー、いい意味で(笑)

劇中では語られてないけど、史実では三成には痛い目にあっているから、政宗、忠興は味方にはつかないよ。秀次事件で、どっちも隠居寸前まで追い込まれたわけだし、そんときに仲介の労をとったのが家康。フツーに干し柿で味方になるわけがない(笑)

ただ、前回に宴会に出て、石田組は「つまんねー」で終わらすだけだったけど、今回は「福島正紀、加藤清正もキライだが、お前はもっとキライ、だから味方にならん!!」って、何が、そこまで憎悪をあったのかはわからない矢柴俊博@細川越中守忠興であります。

sanadamaru33b.jpg

浅利陽介@小早川秀秋あたりは、ウロウロやってるな。秀吉の燈明を誤って消しちゃったりいてるから、これからはトラブルメーカーになっていくのかなと思ってた。案の定、叔母の北政所に泣きついたり、毛利家への頼み事もシカトで逃げちゃってる。叔母には「このコは頭が弱く、難しいことはできん」とか、バッサリと斬られたり、スパイがいるのに気づいていないところも、なんともおいしい役です、金吾中納言殿。

少しだけ、やっと堺雅人@真田幸村も出番が出てきた。ただ、大局は見ずに、三成の方が義を重んじてマジメだからいいじゃん!!ってなノリで味方になってるだけってのも、なんともね。

sanadamaru33c.jpg

ただ、山本耕史@石田三成とのやりとりは、山南さんと土方さんの絡みを見てるようで。。。

比較的、土方色がある三成な感じなもんで(笑)

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 21:12| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
情報ありがとうございます。
Posted by ミヤタ at 2016年11月30日 08:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック