2016年04月03日

真田丸 第13回 「決戦」・・・

真田丸、いちおう青春篇というのが、この13回だったらしく、第1時上田城合戦が締め。1話分をまるっと、合戦でやってくれるとはお金かけてくれてるのかなぁ、うん。もっとも、第2次上田合戦と大坂の陣ぐらいしか、大きな合戦がないのかもしれませんが・・・・。

今回の真田家についてはツッコミはないわな。

sanadamaru13c.jpg

堺雅人@真田幸村が大手門まで徳川勢を引っ張り回す。演出上、徳川勢との距離感が近すぎるので囮としてダイジョーブ??なんてのもあるけど、それでも十分かなぁ。

sanadamaru13b.jpg

大泉洋@真田信之も徳川勢の退路を断ち、きっちりと挟み撃ち。そして、徳川勢をあっさりと、躊躇なく、皆殺し、つええええええ。

このへんは当たり前といえば当たり前なんだけど、真田家の兄弟でも、兄は将として軍を率いていて、弟は、そこまでではないというのはリアルな感じで良いなぁ。大坂の陣までは無名な武将だったわけだし、こういう位置づけで第2次上田城合戦になるのかもかなぁ。

sanadamaru13d.jpg

そして、今回はマトモだった草刈正雄@真田昌幸。いや、ほんと、今回はマトモな武将(笑)思いつきでもなく、テキトーでもなく、ウソつきでもなく、12回まではなんだったんだーぐらいマトモ。「徳川とは長くなりそう」という未来を予測しているところもマトモで、どうしちゃったんだぁ??

sanadamaru13e.jpg

ま、とにかく、幸村が大好きな昌幸なのはわかった。駒が足りない足りないで幸村の戻ってきた顔つきがやばかった(笑)



うん、今日の真田親子はマトモすぎる。でだ、そのぶん、やらかしがいるんだよ、やっぱり(笑)

sanadamaru13g.jpg

梅@黒木華、おいおい、なんだったんだ。赤ちゃんを見てくるーで私用で動いて、んで現場に戻るーで動いてたら、徳川勢とバッタリ遭遇でピンチ。

sanadamaru13f.jpg

藤井隆@佐助が助けなきゃ死んでたにも限らず、このオンナは懲りない。戦が終わってもない最中に現場に戻って、徳川勢にバッタリあって最期。

意味がわからん。何がしたかったかもわからん。教訓として、「戦争は危険なんだから、生半可な気持ちでチョロチョロしてんじゃねーよ、平和ボケが!!」とでも描きたかったんかなぁ。

せめてさ、

sanadamaru13a.jpg

このガキンチョを助けようとして殺されたとか、そういうヒロインの最期にしてやれよ。いちおー、最初のヒロインだったにも限らず、ワケわからんところで死亡して終わった。脚本、演出サイドに梅に対する悪意があったのか、それとも裏で、きりが策を講じて暗躍していたのか、見ていて、おいおいーな感じ。。。。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 21:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック