2016年03月13日

真田丸 第10回 「妙手」・・・

長くドラマやっているけど、実は本能寺の変が過ぎてから。まだ2カ月ぐらいな時期。けっこう、いろいろ起きてるんだけど、実際は2カ月しか経ってない。6月の本能寺の変が起きて、いまは8月中旬ぐらいの時期。

戦局のめまぐるしい展開なのは、史実とおりなんだけど、いつの間に??っていう部分がある。何がって??それは






sanadamaru10a.jpg

堺雅人@真田幸村梅@黒木華の、できちゃった婚突入モード。いやいや、だって、いつの間に仕込むのよ??というよりも、いつの間に、そんな関係性まで発展してたのよ??仲良くなっていた、関係性が進んだシーンを見逃してたんだろうけど、いきなりでビックリ!!(笑)

男女の関係性なんかも、いつどうなるかはわからない戦国の世だから、わからなくもない。ただ、いつの間にかに、「あなたの子供できちゃった(はぁと)」なのを、仕込んだ本人が責任の所在をわかっているのならいいんだけどね。いきなり言われたら、「なに、こいつ、やばくね、妄想の想像妊娠??俺の子??マジ??」っていうホラーを感じたけどね(笑)

その意味で、今回は初ですね、幸村が一番印象深い感じだった回は。こうやって、少しずつ、幸村のインパクトが強い展開になってくるんでしょうかね。いや、幸村じゃないか、だったか、今回は。。。

なにしろ真田ファミリーは優秀な兄とクセモノの親父だもん。そりゃ、幸村の影は薄いわな。史実でも大坂の陣までは無名なんだから、当たり前といえば当たり前なんだろうけどさ。

sanadamaru10b.jpg

大泉洋@真田信之の徳川の地での完全アウェーでも負けない外交力。たかが、ちっぱけな小豪族に過ぎない真田なのに、徳川に「沼田、岩櫃はあげないし、徳川が真田の為に城つくれ!!」なんて、なかなか言えないよ、ほんと。

sanadamaru10c.jpg

草刈正雄@真田昌幸は徳川と北条のけん制のために、裏切ったばかりの上杉と手を組む。ここ、すごいのは上杉を裏切って1か月も経っていないんだよね。春日信達を葬ったのは7月13日。んで、今は8月って、ほんと、2週間から1カ月ぐらいで、サクっと上杉を交渉するというのは、かなり難しいはず。


昌幸「策を用いる」
幸村「どのような?」
昌幸「知らん」
幸村「はい???」
昌幸「お前に任した」


って、相変わらずな昌幸(笑)

完全丸投げでやらせる方もやらせる方だが、引きうける方も引き受ける方だわなぁ。

sanadamaru10d.jpg

遠藤憲一@上杉景勝も、幸村は武士だし、誠ありそうだし、おもしろそーだし、「ま、いいか」で納得するのも、すごいけどね(笑)

ただ、ドラマでも語られたとおり、上杉は織田と戦争中、部下の新発田が謀反中、関東の北条、甲斐、信濃の徳川と戦う状態で厳しいから、利害は一致しているんだけどね。そのへんは、少しでも説明してくれているから、トンデモない大河ドラマになってないのが今年の良いところです。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 21:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック