2016年02月14日

真田丸 第6回「迷走」・・・

タイトルにふさわしい迷走な感じの展開。何が??いや、ま、ここまで真田昌幸推しのドラマが、初めて真田昌幸が主役ではない感じの回だったもん。すこし面白さが。。。。とはいえ、それでも今回も面白いといえば面白い。でも「迷走」というよりは「意外」の方があっている感じだったかなぁ。

sanadamaru06g.jpg


高島政伸@北条氏政が意外といえば意外。何が??

いや、戦国大名しているんよね、これがホント。北条氏政のイメージって、基本はバカ殿でしょ??もしくは時勢が見えないとか??それが隙のならない戦国大名なんだもん。真田昌幸の思惑を読んでたり、「織田と同盟結んでいるから攻めるわけないじゃん」とかいいながら、上野進出とかのタイミングを計っていたり、戦国大名な北条氏政、恐るべし!!です。



sanadamaru06d.jpg

松@木村佳乃が落ち武者狩りにあってしまう、そして行方不明になっちゃうってなドラマを用意してたんだけど、コレいりますかね??いや、なんかのドラマの伏線になっているんだろうけど、いや、そうなんだよね??甲州征伐のときといい、けっこう捕まる確率が高いのが松。これが御約束な感じになるのかね??



sanadamaru06h.jpg

段田安則@滝川一益は、ほんとフツーのサラリーマンになってきたなぁ。知将、謀将のイメージがあるんだけど、これだと、むしろ明智光秀とか、そういう感じがする。しかし、今回の三谷さん、ちょいっと変わった歴史観でいっている。

明智光秀が討たれている頃には滝川一益も北条勢と合戦していて、敗北してるんだよね。信長が死んでから1週間で、関東あたりは一気に形勢が変わっているんだけど、それはドラマとしても描きづらいからかなぁ。次回が、そのへんを描くのだろうけど、すこし順番が変わってしまうんだよなぁ。。。



sanadamaru06a.jpg

堺雅人@真田幸村が、実は「ずっと兄より才があると思っていた」だったのは、なかなか面白い。いや、兄より自分が優秀という思い込みってのが、唐突過ぎて驚きなんだよね。そんなシーンは今までなかったわけだしね。

昌幸と信之のシーンで信之は。ないがしろにされているけど、信之自体は真っ当な意見を述べているだけ。


sanadamaru06e.jpg

昌幸「何故、それを早く言わぬ?」


sanadamaru06f.jpg

信之「ずっと申してましたぁ(怒)」


昌幸が変わっているだけで、それが幸村ですら読めていない。なもんで、信之が才がないなんてこともないし、幸村が優秀とか機転がきくとか、そういうのは一切なかったような気がするんだけどなぁ。。。。

昌幸が主役ではなかったものの、なんだかんだ、面白かったかな、結局(笑)

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 21:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

真田丸 第6回「迷走」
Excerpt: 前回大盤振る舞いをして安土にいた人質を大勢連れ出した信繁たちですが、逆に動きが悪くなってしまい途中で明智の手の者たちに見つかってしまいます。その結果姉の松が逃走中にがけから飛び降りてしまい、一堂は亡く..
Weblog: あしたまにあーな
Tracked: 2016-02-14 23:06

大河ドラマ「真田丸」第6回
Excerpt: この国が、好き… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201602140001/ 真田幸村と真..
Weblog: 日々“是”精進! ver.F
Tracked: 2016-02-15 06:42