2016年08月21日

真田丸 第33回 「動乱」・・・

宴会外交2話連続です、外交の会話の妙は三谷さん、やっぱ、面白いわ。

sanadamaru33a.jpg


政宗 「・・・でござる、伊達越前守政宗」
忠興 「・・・でござる、細川越中守忠興」


どっちも、くどいんだよなー、いい意味で(笑)

劇中では語られてないけど、史実では三成には痛い目にあっているから、政宗、忠興は味方にはつかないよ。秀次事件で、どっちも隠居寸前まで追い込まれたわけだし、そんときに仲介の労をとったのが家康。フツーに干し柿で味方になるわけがない(笑)

ただ、前回に宴会に出て、石田組は「つまんねー」で終わらすだけだったけど、今回は「福島正紀、加藤清正もキライだが、お前はもっとキライ、だから味方にならん!!」って、何が、そこまで憎悪をあったのかはわからない矢柴俊博@細川越中守忠興であります。

sanadamaru33b.jpg

浅利陽介@小早川秀秋あたりは、ウロウロやってるな。秀吉の燈明を誤って消しちゃったりいてるから、これからはトラブルメーカーになっていくのかなと思ってた。案の定、叔母の北政所に泣きついたり、毛利家への頼み事もシカトで逃げちゃってる。叔母には「このコは頭が弱く、難しいことはできん」とか、バッサリと斬られたり、スパイがいるのに気づいていないところも、なんともおいしい役です、金吾中納言殿。

少しだけ、やっと堺雅人@真田幸村も出番が出てきた。ただ、大局は見ずに、三成の方が義を重んじてマジメだからいいじゃん!!ってなノリで味方になってるだけってのも、なんともね。

sanadamaru33c.jpg

ただ、山本耕史@石田三成とのやりとりは、山南さんと土方さんの絡みを見てるようで。。。

比較的、土方色がある三成な感じなもんで(笑)

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 21:12| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016 2nd 第9節 vs横浜Fマリノス・・・

城福監督解任後、2連勝したと思ったら、前節に後半だけで4点の逆転負け。なかなか事態は良くなってきているんだよね???ぐらいのレベル。

そんな中で、マリノスに勝てたのは大きい。凄かったのは東とムリキの関係性。4-2-3-1の布陣で、ムリキは最初は左の2列目、東がトップ下。これを途中で入れ替えた。そこから、4−4−2に変更し、東が左サイド、ムリキがトップに上がる。結果的に、室屋→東→ムリキ→東のGOAL!!!

この布陣変更が篠田監督の指示ではなく、東、ムリキの2者で考え、変更したことが凄い。確かにムリキの裏をやられまくりで、徳永、田邉、秀人が、かなりケアしてた。その負担をなくすために、ポジションチェンジしたという発想もいいし、それを早い段階で修正できたのも、さらにGood。いいんじゃないのーって思っちゃう。本来、東はトップ下がやりたいはずなんだけどね(笑)
   
あとは室屋、オリンピック明けのわりには十分の活躍。カモメッシを封殺、好きにはさせてなかった。守備自体はいいものがある。でも、まだまだ、やれるよ、室屋は。もう少しクロスの精度をあげていくと、A代表選出あるよ、うん。

クラブサポートカード:高橋秀人
勝サンドカード:河野広貴


にほんブログ村 コレクションブログ トレーディングカードへ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年度 FC東京U-18 来季新加入内定・・・

試合前に来季のユース昇格組が発表された。

GK 波多野 豪
DF 岡崎 慎
MF 鈴木 喜丈

何といっても、注目は来年のキーパー。青森山田の廣末も獲得したし、波多野も昇格できた。東京オリンピック世代でも屈指の選手のはず。トップチームは秋元、U23には圍を起用中。ドッチかを放出して、どっちかをチームに据える感じか、U23で交互に起用していく感じかな。

どっちもFC東京の下部組織上がり。廣末については高校ナンバー1GKだから、東京には来ないとは思ってた。川口、楢崎のような高いレベルでのスタメン争いになりそうで、楽しみ。


にほんブログ村 コレクションブログ トレーディングカードへ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 20:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

2016 FC東京 TE 開封・・・

武藤、太田がいなく、目玉なき、FC東京のボックス。オリンピック熱で中島翔哉と室屋あたりは人気ありそうかな。実際、室屋のルーキーオートは1万越えしている。A代表でもないのに、ずいぶん上がっているなーって感じはする。

サッカーファン的にはムリキあたりは人気じゃないかなとは思う。レンタル契約だし、来年いるとは限らないしね。このへんも人気あるんじゃないかな。

んで出てきたんのは

nozawa2016TEsig.jpg

野澤英之 40枚限定オート

最初は手倉森JAPAN のメンバーだったんだけど、ケガで離れてしまってからは完全に大島、矢島に後塵を廃してしまった感じかな。現状もJ3のほうでメインに出ている状態。米本が離脱したから、これからは、やってもらわな困る選手になってます。東京のベップっていわれてるが、秀人を超えてもらわないとね。

んで、カード自体は、今回はU23の写真なんだ。これは、いいかも。ほかの平岡とかも、そうなんだろうな、欲しい(笑)

にほんブログ村 コレクションブログ トレーディングカードへ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 23:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真田丸 第32回 「応酬」・・・

第3部?に突入した感じの真田丸。第1部は草刈正雄@真田昌幸、第2部は小日向英世@豊臣秀吉となると、第3部は山本耕史@石田三成なんでしょうかね〜思ってたが、序盤はコッチかなあ。

sanadamaru32b.jpg

高橋和也@宇喜多秀家かな、まずは。この大名は関ケ原の戦いでも強いんだけど、あんましフューチャーされてないんだよね。葵のときぐらいかな、印象あったのは。

とにもかくにも、この宇喜多秀家はひた向き、太閤秀吉まっしぐら。まっすぐな感じがしてるし、多少はお坊ちゃんだけど、憎まれないタイプの実情をうまく演じている。

石田組の飲み会で、誰も来ないけど、無邪気そうだもんなー我関さずだもん。細川忠興きたら、手放しで、喜んで、話そう話そう!!ってなとこ、素直そうなボンボンですね、うん。

sanadamaru32a.jpg

豊臣一門に列せられているけど、五大老の中では若輩者。だけど、切り込んでいく、切り込んでいく。もっとも家康にアッサリとタヌキ芸でやられちゃうんだから、まだまだ若い。

景勝「記憶にないで済まされぬ、ゴニョゴニョ」

sanadamaru32d.jpg

家康「あああん?聞こえるようにいわんと、わからん!!」

景勝「なんでも、ござらん」


これで遠藤憲一@上杉景勝は、あっさりと引きやがる。三谷さん、今回は上杉景勝は不当に落としてやがるとしか、思えない。三谷さん、史実のエピソードも絡めてくはずなんだけどね。威厳だけは謙信譲りのはず!!っていう演出はないんでしょうかね。(笑)

sanadamaru32c.jpg

長谷川朝晴@伊達政宗は小田原に続いて、2回目の登場。いまんとこは空気が読めるんだか、読めてないんだか、ウザいキャラできてますね。宴会で、「うまーーーい!!」と、まだ喰ってもいないようなタイミングで発声し、「秀吉、死んだ噂ってマヂ?」と、いま、それ言っちゃダメでしょな発言。このへんは伊達らしいですが、このへんも、どうなるかは楽しみ。だけど、次回は第4部ぐらいでしょうかね??

sanadamaru32e.jpg

地味に阿南健治@長曾我部盛親も、でてきたのですが、このへんも、うまいですね。伊達の空気の読めない風と、長曾我部の空気読めないキャラは違いますもん。呼ばれた宴会で、「土佐の魚のほうが美味い」っていう発言するキャラは、関ケ原の戦い後の交渉にモロに影響しちゃうんでしょうけどね。そのへんは、やっぱり、三谷さん、うまいです。

真田幸村の印象、まったく薄いままの半分きてしまった。史実も、そんなもんだから、そゆ演出なんだろうね、きっと。ま、なんでも主役サイコー!!!の近頃の大河ドラマよりは全然ありです。

でも、真田親子のドラマでも良かったのかなって思っちゃいますけどね。それだと真田太平記と変わらんかあ。。。。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 19:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

FC東京 カードフェスタ・・・ 

カードフェスタ、各所でやっていたらしいです。ガンバなんか、長蛇の列で大盛況だったみたいですし、磐田も、なかなかの盛況だったみたいです。

東京はというと、そこそこだったのかなぁ。フェスタの賞品自体もショボいし、刻印サインカードではない。この刻印があるかないかで、カードコレクターの動きが変わるぐらいだし、そういう意味では東京サポーターぐらいしか買わないとは思う。ガンバのはサポーターでなくても群がる可能性はある(笑)

そういう意味では例年、東京のカードフェスタはおとなしい。それに今年のボックスの中身も淋しい。武藤もいないし、中島翔哉、室屋ぐらいなんじゃないかな、人気あるのは。個人的にはムリキ、中島翔哉、室屋、柳あたりが欲しいかなぁ。

さてフェスタは、3パック購入で1枚クジが引ける。ハズレの場合はプロモカードをクジ引くように取るんだけど、その中にはサインカードがある。およそ、7枚に1枚ぐらいの確率でサインをいれているらしい。ただ、ドンドン、逐次、サインカードとプロモカードを投入しているから、そのときどきでオッズは変わっている。最後の方はサインカードはなかったんじゃないかなぁ、きっと。ただ、今回はサインカードが多め。例年は12枚のうち1枚ぐらいだから、そこは多めにしたのかな。

で、クジ自体はスカばっかでした、プロモカードで直筆のサインが引けたのが

2016yanagisiga.jpg

柳貴博のレギュラーカードの直筆サインカード

2016yanagisigb.jpg

柳貴博のプロモカードの直筆サインカード

どっちも、柳貴博とは(笑)

パックアウトのほうで柳は欲しかったけど、これはこれであり。東京U23では不動の右サイドバック、東京オリンピック候補。ただ、そこには室屋がいるんだけど、室屋が海外移籍したらーぐらいの感じかなぁ。

でも、グローイン・ペインで戦線離脱しちゃったみたい。ヒデがやっちゃったケガだけど、ダイジョーブなのか???ただでさえ、U23は人が少ないのに。。。。

にほんブログ村 コレクションブログ トレーディングカードへ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 21:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | トレカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016 2nd 第6節 vs柏レイソル・・・

やっと中島翔哉がスタメンのトーキョー。やっと使ってくれたよ、城福。ほんと待ってたんだから。とはいっても、1人が救世主で、どーのこーのできるような状態ではないんだけどなぁ。。。。

終始、優勢に見えていたけど、オフサイドに引っかけられまくりな攻撃陣。それでも、ムリキ、バーンズ、中島翔哉でナントカしてくれ!!では厳しい。あげくのはてに徳永の凡ミスで失点で負けだもん。そりゃ、さすがにブーイングでるし、城福ごら!!!ってのも、わからなくはない。

良かったこと????

ムリキがいいんじゃないの、うん。パスはすごい。そこ???ってとこに通す。あとは受け手の問題。ただ、ムリキはバーンズぐらいしか出しどころもないんだよなぁ。他に飛び込んでくる選手もいないんだもん。いまのムリキの使い方だと、3トップの左。もしくはトップ下の方が活きそうな気がする。

室屋も良かったね、これは良い。右サイドではクリスティアーノ、左サイドの伊東、どちらも、うまく抑えていた。スピードでもパワーでも、技術で抑えきっている。しかも両足のクロスの精度も悪くはない。オリンピック終わったら、A代表に呼ばれる可能性は高いんじゃないのかな。もちろんW酒井ほどのスピードはないんだけど、室屋も悪くはないよ。それこそ駒野路線のように両サイドバックできますっていうのは重宝されるしね。

中島翔哉はというと、随所に上手いところは魅せてくれた。あとは結果なんだよな、ほんと。1本決めたらいけるんだとは思う。ただU−22代表と違って、全く中島翔哉と連動して動いてくれる選手がいない。孤立しているんだよな、東京での中島翔哉の立ち位置は。違った意味での孤立、独立した存在感ならいいんだけど、空回りしてる風。リオ大会で活躍して、そのまま移籍なんてことも、ありえそーなんだけど。。。。

悪かったこと??

いろいろあるんだけど、やっぱり、フリーキックが森重、丸山が蹴るのは辞めてくれ!!!

この2人には蹴らすよりも前線に張ってもらわないとゴールできる気がしない。中島翔哉、河野、水沼、小川あたりに蹴らしておいて、2人のセンターバックで決めてくれるほうが確率高いって。

得点の取れる確率が全くない、いまのトーキョー。ムリキだけで、何とかしてほしい!!!としか、いいようがないのかよ。。。。いや、久保クンがいる、久保クンが。。。。っていう状態になっちゃうのかな。。。。


クラブサポートカード:徳永
勝サンドカード:バーンズ 


にほんブログ村 コレクションブログ トレーディングカードへ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 21:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真田丸 第28回 「受難」・・・

sanadamaru28c.jpg

まさか、ここで、ぶっこんでくるとは思わんかったなー、山手殿の出自。所説はいろいろあるけど、公家は怪しいという感じなのが今の通説。それでも公家の出としてm、今回のドラマは描いてきた。どこかで、それをいじってくるとは思っていたが、秀次ラストのときにかよ!!(笑)、

秀次「菊亭は私の妻の故郷、晴季卿は私の舅だ。」
幸村「さようでしたか」
秀次「というと、あなたは、妻の・・・・・姉??」


sanadamaru28b.jpg


さてさて、新納慎也@豊臣秀次が今回ラスト。

sanadamaru28a.jpg

sanadamaru28d.jpg

おぼっちゃんというか人のいい殿様な感じの秀次だったのかなと。ただ、いつぐらいから、秀次って、こんな感じだったのかなぁ。陣内孝則ぐらいまでは、ワガママなガキの殿様。成宮寛貴、北村有起哉、あたりぐらいから、偉大なる伯父のために頑張っている凡人になってきたのかなぁ。

それでも、今までの秀次は、秀頼が生まれて、邪魔になって退場させられるがパターンだったんだけど、今回は違う。あくまでも、かわいい甥っ子として導いているつもりが、それが伝わらない。

結果が、

sanadamaru28e.jpg

すれ違いの悲劇といったところに持ってきたのは、なかなか面白いストーリーやなっと。

sanadamaru28f.jpg

それでいて、想いがわからなかったから、ブチギレの秀吉も怖い。一時的な感情なんだろうけど誰もが止められないし、トップになってしまったがゆえの怖さも伝わるし、人間味あふれる秀吉な感じが、それもいいです。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 20:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

ロベルト・バッジョ サイン会・・・

イタリアの至宝、ロベルト・バッジョの緊急来日。そしてミント渋谷でサイン会がありました。なんとかチケットを1枚ゲットできたので参加させてもらいました。

ACミランのカード、インテルのカード、私物のどれかにサインができる権利で3万円。3万円のサイン会自体は高い!とは思うけど、でも、ロベルト・バッジョです。イタリアに行ったとしても、サインもらえる機会はないし、チャンスを逃したら、そうそう、こんな機会はない。3万は高くないとは個人的には思ってます。

んで、サイン会はというと、やっぱり大盛況ですね。世代的にはアラフォーから少し上の世代が多かった印象です。90年代のサッカー好き、バッジョ好きの方が多かったぁーーーー。

サインしてもらうグッズも、さすがバッジョ・ファンの方!!みんな凄かった。ユベントスのKAPPA製のユニフォーム、ACミランのlotto製のユニフォーム、DIADORAのアズーリのユニフォーム、スパイクとかDVDとか、各々のバッジョ・コレクション、お宝を持ってきてるのを見かけました。

反面、アンブロのブレシア製のユニフォーム、ナイキ製のインテルのユニフォームは、あんまり見かけなかったかなぁ、そういや。たまたま、見かけなかったのかもしれませんが。

待つこと、1時間くらいですが、親日派であるバッジョらしく、かなりの神対応でした!!!

サイン会の席につくと、バッジョ自身が笑顔で「チャオー!」って、ほほ笑みながら握手。そして、スイスイとカードにサインを書いてくれました。カードにサイン書いたら、バッジョ自身から、すすんで肩を組んでもらい記念撮影。

時間にして数分ですが、はっきりいって、頭の中、真っ白け。あっという間の時間だったようだけど、フワフワとした夢心地。バッジョ、かっけえーとか、ちょい勉強したイタリア語の会話とか、もはや、ほんと、忘れてしまったぐらい感じです。

んで、いただいたサインカードは

baggiomilanauto01.jpg

Roberto Baggio AC MILAN FIRMA AUTOGRAFA (30枚限定)

ACミランのサインカードです。インテルのカードもカッコ良かったですけど、ACミランの方が写真映えしてたポージングの構図かな。残念なのは金のサインペンが、やや太めなのと、小さくサインしてるので、ちょっと読みづらいサインですかね。。。

ただ、最近のパックアウトのサインには背番号を入れてなかったはず。かつ、背番号10のサインをすることが多いから、背番号18のサインは貴重!!!なんて思います。もっとも、私物の90年のアズーリのユニフォームを持参した人がいたのであれば、背番号15のサインもらえたんでしょうから、めちゃくちゃレアでしょうね。

ま、レアだろうが、なかろうが、バッジョ好き、バッジョ・ファンからすれば、直接サインをもらえたこと自体が快挙、僥倖、至福の刻なのは言うまでもありません。その意味ではミントさんが、このような機会を設けていただきまして感謝です、ありがとうございました。

にほんブログ村 コレクションブログ トレーディングカードへ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 21:18| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | トレカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

真田丸 第13回 「決戦」・・・

真田丸、いちおう青春篇というのが、この13回だったらしく、第1時上田城合戦が締め。1話分をまるっと、合戦でやってくれるとはお金かけてくれてるのかなぁ、うん。もっとも、第2次上田合戦と大坂の陣ぐらいしか、大きな合戦がないのかもしれませんが・・・・。

今回の真田家についてはツッコミはないわな。

sanadamaru13c.jpg

堺雅人@真田幸村が大手門まで徳川勢を引っ張り回す。演出上、徳川勢との距離感が近すぎるので囮としてダイジョーブ??なんてのもあるけど、それでも十分かなぁ。

sanadamaru13b.jpg

大泉洋@真田信之も徳川勢の退路を断ち、きっちりと挟み撃ち。そして、徳川勢をあっさりと、躊躇なく、皆殺し、つええええええ。

このへんは当たり前といえば当たり前なんだけど、真田家の兄弟でも、兄は将として軍を率いていて、弟は、そこまでではないというのはリアルな感じで良いなぁ。大坂の陣までは無名な武将だったわけだし、こういう位置づけで第2次上田城合戦になるのかもかなぁ。

sanadamaru13d.jpg

そして、今回はマトモだった草刈正雄@真田昌幸。いや、ほんと、今回はマトモな武将(笑)思いつきでもなく、テキトーでもなく、ウソつきでもなく、12回まではなんだったんだーぐらいマトモ。「徳川とは長くなりそう」という未来を予測しているところもマトモで、どうしちゃったんだぁ??

sanadamaru13e.jpg

ま、とにかく、幸村が大好きな昌幸なのはわかった。駒が足りない足りないで幸村の戻ってきた顔つきがやばかった(笑)



うん、今日の真田親子はマトモすぎる。でだ、そのぶん、やらかしがいるんだよ、やっぱり(笑)

sanadamaru13g.jpg

梅@黒木華、おいおい、なんだったんだ。赤ちゃんを見てくるーで私用で動いて、んで現場に戻るーで動いてたら、徳川勢とバッタリ遭遇でピンチ。

sanadamaru13f.jpg

藤井隆@佐助が助けなきゃ死んでたにも限らず、このオンナは懲りない。戦が終わってもない最中に現場に戻って、徳川勢にバッタリあって最期。

意味がわからん。何がしたかったかもわからん。教訓として、「戦争は危険なんだから、生半可な気持ちでチョロチョロしてんじゃねーよ、平和ボケが!!」とでも描きたかったんかなぁ。

せめてさ、

sanadamaru13a.jpg

このガキンチョを助けようとして殺されたとか、そういうヒロインの最期にしてやれよ。いちおー、最初のヒロインだったにも限らず、ワケわからんところで死亡して終わった。脚本、演出サイドに梅に対する悪意があったのか、それとも裏で、きりが策を講じて暗躍していたのか、見ていて、おいおいーな感じ。。。。

にほんブログ村 テレビブログ 大河ドラマ・時代劇へ
にほんブログ村
posted by 人斬り藤次郎 at 21:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする